主に毎回毎回長ったらしいイベレポです。時々萌え消化のためにSSが投下されるよ!(^O^)
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/15
2006 Tue
祭囃し感想
ってことでまとまった感想・・・つか叫びいきます!!
まとまらない文章でダラッダラいきますよー
ネタバレ見たくない方はスルーでお願いします~
ホンットありがとう!!!(涙)
実際の話ですね、富竹は死ぬと思ってました(爆)
それで部活メンバー+詩音+赤坂さん+羽入VSたかのん という構図ができるのかな~と思ってたら・・・!
羽入が転校してくるなんて予想もつかないよ!!(笑)
でもこれも羽入なりの運命への反抗なんですね。今まで傍観者だった羽入が舞台に上がることによってこの世界が今までの世界とはまったく異なってくると言うことが手に取るようにわかります。

とりあえず最初のほうから。
竜騎士さんが日記で言っておられた『今回は前中後とわかれてます~』って言ってたのがわかりましたね・・・。
前編はたかのんの悲しい過去・・・
両親は死に、入れられた施設は地獄のようで・・・助けてくれた祖父のような人と共に世間に認められようと研究を進めてきたのにそれが認められるどころか・・・
ってオイオイこんな今時にありがちな「勧善懲悪なんてだめだよ!」といわんばかりの設定って・・・と萎えかけました。
が。
「踏まないで!踏まないで!!」
 号 泣 。
ちょっ・・・!そんなん酷すぎる・・・!と完全に感情移入ですよ。
でもそこからのたかのんの努力がすさまじいです。音楽と相まってもうもう!すごいよたかのん!!
そしてあのときの10円を神に返そうとして・・・羽入に会うわけですね。
つまりはこの物語は羽入VSたかのんという構図が根底にある、というわけですか?

そんなこんなで前半戦終了。
すると今までのひぐらしにはなかった感じ・・・!?アレレなんだコレ。
と、「カケラ紡ぎ」・・・つまり中半戦のスタートですな。
難しいかなーと思いつつヒントが多数与えられてるし、コレ実は手当たり次第に見ていけば何とかなるんですね(笑)
まあちゃんとがんばってクリアしましたよ!!でもやっぱ今までわからなかったことが次々と明らかになるこの感じはたまんないですね・・・!
これだからひぐらしはやめられない!
特に悟史のあたりや入江機関のあたりが次々と明らかになりましたね。
あとはお魎さんの本当の気持ちとかね。
とにかくカケラを全部集めてみてもまだ足りない・・・これじゃ皆殺し編ではたかのんには勝てなかった・・・。何が足りないのか??
そして最後に残ったカケラ・・・暇潰し編があれだけ歪なカケラと言われてきた理由がなんとなくわかりました。ココに来て赤坂さんがきたよ・・・!!!!
ってなんだこれwwwwwww
めちゃめちゃおもしろかったよ!笑っちゃいけないところですかコレww
とりあえず赤坂さんが超強いってコトはわかりましたハイ!!
そして全てのカケラが集まり祭囃し編のカケラは再び割れます。
ココから奇跡を起こすために全てのカケラを活かしつつ後半戦へ突入!!

まずは早速羽入の転校。最初のほうでも書きましたがこれは欠かせないことだったのでしょうね。傍観者はいらないのですね!
そしてジジ抜き・・・。懐かしいなあコレ。やっぱり最初に部員を迎えるときはジジ抜きと決まってるんですかね。
それにしても幸せな日々だ・・・!
そして・・・!そして・・・・・!!!
赤坂さんキターーーーーーーーーーーーー!!!!
でも雪絵さんは生きておられるみたいで・・・そうですかそうですか。
まあいいや!赤坂さんはロリコンだもんね!(コラ)
と、とにかく入江先生や富竹にも相談して準備は万端!!
そして大石にも本当のこと・・・とは言えないかも知れないけど十分な話をできました。
年長者ゆえの障害がありますね・・・。でも十分大石は男らしかったよ!うん!!
まあまあとにかく万全の状態で備えることができたわけです。
沙都子もいいね・・・さすが梨花ちゃんの親友だね・・・。ここらへんも泣けてきます。羽入は前回からずっとずっと強くなってるみたいですね。
そして魅音にも相談してこれで大丈夫!
次の日にはちゃんと圭一とレナにも説明したしこれぞ万全の状況ですね!
部活メンバーに羽入も加わったんですからこれぞ完璧!もう誰にも止めらんないぜ!!
そして富竹が殺されるはずの前日・・・
歪未は本気で富竹は殺されると思ってたのですよ!!(爆)
だって4年半?時報の役目を担い続けてきたお方ですよ・・・!
それなのに追撃から逃げる?逃げ切る・・・?逃げ切っちゃう・・・・・・!?
と淡い期待を抱いたのもつかの間。
チーンという軽い音と共に「富竹を捕獲しました」
pgr
やっぱし富竹は富竹だったようで・・・。まあでも捕獲されただけで生きてるもんね!!進歩進歩!
入江先生もそのことを皆に伝えるためにがんばります!でも先生普通の人だもん!!そりゃあ車にパラララされちゃあたまったもんじゃないですよ。
でも詩音と葛西さんに助けられて良かったね・・・!結果的には良かったんだよね。うん。
んでもってみんなで園崎家の地下で作戦会議・・・。
でもでも山狗が突入するのも時間の問題です。
そこでどんどん皆で井戸の隠し通路から降りていく・・・。
今は姉だけども本当は妹である魅音を助けたい詩音が殿を名乗り出ます。
泣ける・・・!この辺の姉妹愛たまらんよ・・・・!!
圭一も男のプライド見せようとしますがここは詩音の言うとおりです。
そして詩音の遺言的に言う言葉。「私の思い人はもう死んでしまっている」「『詩音』に伝えて!生まれ変わっても私達姉妹が良いね!!」
詩音・・・!!!
そこで悲しい音楽と共に流れる銃声音。もうコレやばいやばい!!!
号泣ポイントです・・・。
葛西さんと共に反撃はすれども相手の武器は半端じゃない。二人とももう降りてはこない。
魅音の悲痛な叫びが痛すぎます。悲しすぎるこんなの・・・!!
そして上手くいったと思ったら山狗たちが非情にも・・・!
詩音を葛西さんを人質に取られます。そして詩音には命の危機。神様ならどうにかしてくれ!と羽入に詰め寄る梨花ちゃん。
そこで羽入の一喝です。
「奇跡の起こし方を学んだはず」
梨花ちゃんも気づきます。
「奇跡の起こし方・・・また・・・忘れてた・・・」
そして梨花ちゃんは仲間を信じて自分から敵・・・山狗の下へ。
自分はしばらくしても殺されないだろうが詩音は殺されてしまう。
だからみんなは私を助け出してくれ。私が死ぬ前にみんなが助けてくれると信じているから。
梨花ちゃん・・・・!!!!!(号泣)
そして自分という人質を盾にしつつ敵の下へ。仲間の無事と引き換えに。
しかし山狗は約束を守ろうとはしません。圭一たちを追って生死問わずでひっとらえる気です。
それでも梨花ちゃんは信じます。注射を打たれ、昏睡し、目覚めた後に最初に見るものは誰よりいとしい仲間達の笑顔だと・・・
そして暗くなる視界。
 そ こ で 
「間に合った―――」
流れる音楽!!!
「梨花ちゃん」
「君を守るッ!!!」
赤坂さんキターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
かかかかかかかっこよすぎってこれまじやべ亜qwせdrftgyふじこlp;
そしてばったばったと敵を倒していく赤坂さん!!!
ここら辺の効果は下手したら爆笑のシーンなんですがもう悲観的になってた歪未にとってはカッコイイー!!!と痺れることしかできませんでしたよ!!!
A-KA-SA-KA!!!ビバ!!!!(壊れ気味)
それにしてもかっこよかった・・・!!!小此木との一騎打ちは燃えたね・・・!
「俺が山狗の小此木だ!!!」
「そりゃよかったな 給料いくらだ」
カッコイイイイイイイ!!!!!!(死にそう)
もうやばいよ!皆殺し編で役立たずなだけあったねこりゃ!!
大活躍すぎるよ赤坂さーんっ!満足すぎ!!赤坂v梨花的に美味しすぎる!!
ありがとう竜騎士さん!!!!
と言わずにいられませんでした。
しかもシナリオジャンプモードを使うとこの話が入ったところのサブタイトル!
「君を助けに来た!!」
赤坂さん・・・・!!!
そして合流。ただではひかない部活メンバー!さすがです。
葛西さんも虎視眈々と機会を狙っていたとは!ただじゃ起きないですね~しびれる!!キュンキュン!
こっからはもうこっちのもんです。
富竹救出組と裏山攻防組の二手に分かれてバトルバトル!!
そして悟史が生きていることも明らかになります。
ここここれはキタ・・・!?死んでいる確立も決して低くはなかった悟史が・・・!
きましたきましたよ~大団円の予感!!
まずは裏山組です。
沙都子のトラップ山へようこそ!ってところですかね・・・味方だとこんなに頼もしいことはないですが敵だとこんなに恐ろしいこともない・・・ガクブル
プロの諜報部隊をばっさばっさと倒していきます。
巧みですねこりゃほんとに・・・。
自分の庭だと言う利点を存分に活かしたトラップ攻撃!恐ろしい・・・恐ろしい・・・!!
場面変わって診療所。
プロからみてもすごい皆さん。すげぇなホント・・・特に詩音・・・!(笑)
さらにすごいのは葛西さんですよ!散弾銃の辰、ここにあり!(笑笑)
カカカカカッコウィー!!!
こりゃ惚れますよ。ハァハァすごいよ葛西さん!
そして・・・そして・・・!!ようやく出会えた悟史にうれしくて周りは見えない詩音。
左耳が聞こえないこともあって左から来た敵に気がつきません。
とそこで入江先生がんばる!!たかがシャーペン。されどシャーペン。
口先の魔術師ばりの嘘八百でその場をなんとかつなぎ赤坂さんが敵を撃破!まだメイドについて語り足りないみたいですがね・・・さすがメイド・イン・ヘヴン!
ついに悟史に会えた詩音。でも起こすことは許されない。それでも自分は待つ、待ち続ける―――。
悲しいけど希望はあります。悟史が沙都子にぬいぐるみをあげる前にこの世から去ることなんてありえない。双方から手を伸ばせばいつかはその手は届くはず。
これできっと悟史は大丈夫だと思います。入江先生も決意したし、詩音も信じることができたし。
こっちは成功したよ―――
またまた裏山組に場面は移ります。
沙都子のトラップ脳は絶好調!
さすがの小此木もたじたじです。そしてそこで診療所が襲われたと言う連絡。これではもう無理です。負けを覚悟する小此木。
一つ思うことは敵将に会いたい―――!
その願望はかないます。
部活メンバーと相対するたかのんや小此木、山狗メンバー。
勝軍の将として堂々とする魅音。
大将戦で一騎打ち・・・!!!
みおんつえー!!!www
こ、これは燃えますな・・・!!
何度やっても小此木は勝てません。そして最後、渾身の一撃を!
しかし魅音は伝説の技、空気投げで小此木に勝ちます。
でも魅音の表情は晴れない。これは相手にとっては部活なんてものじゃない。敗軍の将は罰ゲームくらいでは許してはもらえない。難しいところです。
それでもまだ逃げる相手。
そしてたかのんに突きつけられる悲しい事実。
悲しすぎます・・・!!!
銃を突きつけられ自ら命を絶て、と命令されます。今まで味方だと思ってきたものたちは全て味方なんかじゃなかった。
それでもたかのんは逃げます。
雨の中を裸足で走るのは初めてじゃない、でも足はもうボロボロです。
おじいちゃんの形見のスクラップ帳も泥まみれです。
そしてそこに現れる羽入――。
神になるには、そこで自らの命を絶てばいい。神に肉体は必要ない。そう言われます。
それでもたかのんは神になりたいわけじゃなかった。そんなわけじゃなかった。
人間として、「生きてても良いよ」と許しが欲しかった。
それを許すと言う羽入。しかしたかのん気がつくと目の前にいるのはただの少女。憎き部活メンバーの一員。
たかのんは人の世をババ抜きに例える。部活ではジジ抜きしかしないけど。とは言うが、人の世はジョーカーを押し付けあって成り立っているのだと。
羽入を人質にして魅音を撃ち殺そうとします。
魅音は自己犠牲をして皆を助けようとする。このときは誰もが思っている。
「あの銃弾が自分に当たれば――!!」
そして銃が撃たれると羽入が魅音の前に立ちふさがります。
羽入の不思議な力で透明な壁をつくり銃弾を防ごうとする。
しかしたかのんのひとことでそれは崩れ去ってしまう。

「バケモノ」

もうだめだ、と思ったそのとき。誰もが動けない世界の中で梨花ちゃんが動く。
神である羽入ですら動けないと言うのに、人の身である梨花ちゃんが。
それこそが本当の奇跡――
今回の世界で奇跡だと思っていたものは信じていれば当たり前のこと。だから最後の最後で奇跡を使う。
自己犠牲をすれば、誰かしら欠けてしまう。それは嫌だ。だから梨花ちゃんは自分さえも犠牲にしない、誰も傷つかない世界を選んだ。
ババ抜きとジジ抜きは違う。
ババ抜きは調和が取れた52枚のトランプに不要なものが混ざる。
しかしジジ抜きは調和の取れた52枚のトランプから一枚抜き取られるだけ。抜き取られた一枚がまた舞台に戻ったとき、それは敗者の出ない―――傷つく人の出ないゲーム。
そこに残ったのは硝煙をあげる銃と、誰も打ち抜かれていないメンバー。敗者なんて、傷ついた人なんていない。
それでもたかのんは逃げます。
しかしスクラップ帳をぶちまけてしまう。それを拾おうとして番犬に捕らえられてしまいます。
スクラップ帳を拾いたいだけなのにそれを番犬は抵抗しているとみなす。無理やり後手に拘束しようとします。
そこで富竹登場・・・!!!
こここここできたよコイツ・・・!!!(笑)
「彼女は雛見沢症候群の末期レベルに達しているかもしれない。調査部で身柄を引き取る」
そしてたかのんにいいます。
「世界は君を許さないかもしれない、それでも僕は君を許すよ」
「新しい、『田無美代子』としての人生を歩もう」
「生きてても良いんだよ」と。
ここら辺はもうやばいね・・・・!
富竹→たかのんはわかっていたけどもそれが両思いになるとは・・・!
いやはやひぐらしマジックですな。大いにありだけどね!

さあさあフィナーレです!みんなで祭に参加します。
惨劇など起こらない、楽しい綿流しのお祭に。
みんなも昭和58年の6月を思いっきり楽しむようです。
誰も傷つかない、罪を赦し、赦されるこの世界で・・・。

感動です・・・きっと賛否両論はあるかもしれません。
それでも歪未はこれ以上の幸せはないと思います。
きっとこの後、沙都子は悟史にから揚げを食べさせてあげて、詩音は沙都子から『ねーねー』と呼ばれるのでしょうね。
悟史もやっと北条家と呪縛から解き放たれて圭一とも仲良くなって、楽しい雛見沢での生活を送るのでしょうね。
しばらくしたらたかのんも雛見沢へやってきてみんなで楽しく笑うのでしょうね。
あああもう考えただけでわくわくします!
とにかくここまで4年半。竜騎士さん、本当にお疲れ様です!
最高のハッピーエンドでしたv期待通り言うこと無しですよ!!

最後に本当に本当にお疲れ様でした!!

そして歪未もお疲れ様・・・コレかくの2時間くらいかかってるよ(ウワァ・・・)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © 極甘ディストーション. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。